【ナノブロック】nanoblock AWARD 2018 投稿期間終了!感想と今後の展望について

3ヶ月弱くらいあった今年のアワードも、先日9月30日で無事閉幕となりましたね

今年も相変わらず魔王級の作品がどんどん投稿されており、わたくし毎日アワードのページを見ては心躍らされておりました^^ 涎とか垂れてたと思います

【公式サイト】nanoblock AWARD 2018 イベントページはこちら

バーチャルの作品展ですね、もはや

夢中になりすぎて仕事さぼってるのがバレそうになるのが難点(おい

ところでわたくし、今年で2回目の参戦でした

昨年初参戦ということで、右も左も分からぬまま苦悩し、ときに苦悩し、あるときは苦悩しながらそれでも楽しめたんですが・・・

あるソシャゲに嵌まり、今年は完全にサボってしまいました

なんだろうな、開幕してから毎日アワードのページを見ては「わーすっげ!おれもなんかつくりたい~!」とか考えてましたが

そんな考えとは裏腹に右手でソシャゲのページを開いてました

完全に中毒ですね

今はデータ削除してアンインストしたんでだいぶスッキリです

ログインボーナスとかスタミナ制度とか、ソシャゲの手法考えた人は天才ですね。簡単に支配されちゃう^^;

スポンサーリンク
レクタングル(中)

今回の戦果

そんなこんなで、今年エントリーできたのは「Under200pcs」部門に1作品のみ

昨年は4作品だったので、今年は5作品! とか考えてた時期もあったっけ・・・

唯一の戦果「木琴」でございます

公式キットで楽器シリーズは数あれど、打楽器ってそういやドラムしかないなと思い作ってみました。ないよね?

たった1作品でしたが、なんとか参加できて良かったです(^-^)

誰かと題材被ってたけど、まぁ気にしない!

他作品を見ていて思ったこと

木琴ごとき太刀打ちできない作品ばかりだったわけなんですが、他作品を見ていていっつも思うのは

もう着眼点がすごい。天才。変態といってもいいw

なんていうか、自分は「ある対象物」をそのままブロックで表現できないか? みたいなとこから出発してそのまま作ってみるんですが、他の人の作品って

 ○○をしている○○(一瞬の状況) とか

 公式でしないようなブロックの使い方してる とか

発想が飛び抜けてる印象が強い

一目で「これ凄いな」って思った作品って、作者見たら大抵達人の方なんですよね~

あとレベルの高い作品を作る人は、写真の撮り方もレベルが高いな~と思います

光の具合や、バックの色選択、小物の使い方などなど

ブロック作成の技法以外にもいろいろ参考になる部分が多かったです!

写真判定のコンテストですからね、見栄えの優劣は当然重要ですよね~

アワード奥深い・・・!

おわりに

一応アワード参加者ということもあり、締めくくりの記事を書かせていただきました

自分への戒めを込めて、あるマンガの名言(?)を1つ

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない
何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる

錬金術の理らしいです

まぁあれだ、何かを得よう(本気で取り組もう)とするなら、時間であれお金であれ、何かを犠牲にしないとね~っていう

自分は器用なことできないんで、1つの趣味に取り組むなら、他の娯楽(テレビとかゲームとか)はある程度捨てないとね・・・あれもこれも得ようってのは凡人には無理ゲーだ(ё_ё)

まぁ世の中にはいろんなことに手を出し、そのどれもで満足いく人生を送ってるスーパーマンもいるんだろうけど。同じ人間かな?

てなわけで今日はこのへんで

えーっと最後に、木琴にLIKEくださった方、ありがとうございました!

ではまたー

スポンサーリンク
レクタングル(中)
レクタングル(中)

フォローする

関連コンテンツ