【アワード】「書道」をつくってみた(nanoblock AWARD 投稿作品)

シマです。こんばんは

先日ブログを少しカスタマイズしていて、「どうせならAWARD(アワード)関連のカテゴリーつくっとこ~」って思って作ったはいいけど、アワード終わったら全然更新のない死にカテゴリーになるのでは?と不安が少し・・・

見切り発車にならないよう、AWARD関連の作品制作やブログ更新もぼちぼちやっていこうと思います!

ってことで

AWARDに投稿した「書道」について紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(中)

「書道」について(文字)

今作は最初からこれを作ろうってのが明確にあったわけではありません

「ホワイト」「ブラック」の特殊ブロック(主にスロープ系)がけっこう貯まってきていて、それを何か作品に使えないかなーといじってたら「あ、文字つくれそう」って思ったのがきっかけ

写真のようなスロープ系ブロックですが、これらは傾斜角度のパターンが決まっていてるのが特徴

組み合わせを間違えなければ斜面どうしがピッタリはまるのが面白いなーと感じたわけで、なんやかんや夜中に付け焼き刃的に思いついたのが今作の「書道」でした

全体の文字バランスに気をつけて、上に積層していくことで文字部分をつくってます

文鎮部分はけっこうお気に入り。この箇所のみ「方向転換ブロック」を使ってポッチを最小限に、スッキリとした感じにしてます

書道について(周辺備品)

文字と文鎮で100pcsちょいくらい。上限の200pcsまでまだ余力があるなーと思って作ったのが、以下の筆とすずり

筆の表現がなかなか決まらず苦戦・・・。支柱に円形ブロックを使うまでは良かったのですが、そこから毛先までの表現がしっくりこず、結局基本ブロックのみで先細りに構成してます

実物の形状がシンプルなすずりは、フラットパーツを使ってシンプルに

筆とか単体で見たらイマイチかもしれませんが、セットで「言い切る」ことでそれっぽく見えたかなーと思う作品。個人的にはそんなに悪くないかなと思ってます(・ω・)

計154pcsで投稿です!(まだ余力あるなあ・・・)

おわりに

nanoblock AWARD 2017の投稿期間が残り1ヶ月となっております。まだ1ヶ月?いいえあとたった1ヶ月ですね。きっとあっという間です

作品投稿される方もそうでない方も、「LIKE」をすることでAWARD全体が盛り上がっていくことと思います。ぜひ皆で盛り上げていきましょー(・ω・)

ではまたー

スポンサーリンク
レクタングル(中)
レクタングル(中)

フォローする

関連コンテンツ