【ナノブロック】ドラクエ2ムーンブルクの王女をつくってみた!

今作はドラクエ2からムーンブルクの王女です

ドラクエシリーズ初のイオナズン使いで、典型的な魔法系キャラ

そんでドラクエ2の紅一点。ヒロイン。つーかかわいいやばい

使用ブロック数:138

スポンサーリンク
レクタングル(中)

今作の概要

全体的なカラーは「赤」「白」です。ってか作品8割くらいこの2色です

フードを被っているので髪の露出は少ないですが、髪色には「紫」を使用してます

んで、後ろはこんな感じで、一点結びのおさげみたいになってます

このへんの立体感・毛束感がやっぱくそむずい

ちなみに公式では、髪色が「紫」と「金」の2パターンに分かれる珍しいキャラ

「初期は紫、最近は金」みたいに時代時代で変わるわけではなく、

使われる作品によって2パターンどちらかが使われているようです

(FC版は紫、SFC版は金、んでドラクエ9はまた紫・・・的な)

魔法使いらしく杖も装備~

杖の先端がソレっぽくできないよ~アレがほしい

名前分らんけど2×2ブロックの、ポッチが一つのやつ(あったっけ?そんなの)

とまあ、服装がローブのため、鎧みたいな凹凸もなく、

ナノブロック的にはあまり特筆すべきポイントはなかった作品かな

ムーンブルクの王女って(余談)

物語前半はバギ、後半はイオナズンで魔物の群れを蹴散らせてくれる魔法キャラ

反面装備できる武器防具はドラクエ2パーティの中で一番少なく紙耐久になりがち・・・

なお物語中盤で作ってもらえる一品モノの「水の羽衣」は、ドン・モハメがわざわざ

「そちらのお嬢さんが着るとよかろう」的なセクハラありがたい助言をしてくるため

助言どおり王女に着せる人が多いんちゃうかな~(イメージ的にも。なお僕も)

 シド-「はげしいほのお~」

 王女「あんまり効きません」(半減。有能すぎワロタ)

そんなわけで真っ先に棺桶にいくのは緑色のあいつだったりするわけで(笑)

逆にあいつに装備させれば今度は王女が棺桶にいくわけで

そんな「一品モノの奪い合い」等のドラマがうまれる名作ドラクエ2シリーズ

ナノブロックでのお届けでした

おまけ(3人そろったよ~!)

今作をもって、やっとドラクエ2パーティが組めました!本望です

物理のローレシア、バランス(笑)のサマル、魔法のムーン

最高の役割分担です。カラー的にもね!

こちらの記事もよろしければどうぞ~

【ナノブロック】ドラクエ2ローレシアの王子をつくってみた!

【ナノブロック】ドラクエ2サマルトリアの王子をつくってみた!

ではまた~