【ナノブロック】ドラクエ4アリーナをつくってみた

久しぶりに本ブログ主体記事のオリジナルドラクエ作品
ドラクエ4よりおてんば姫ことアリーナ姫をつくってみました

使用ブロック数:162ピース

特技を覚えず、ひたすら殴るだけの典型的脳筋キャラですが、イメージ的には

 ・せいけんづき
 ・とびひざげり
 ・ばくれつけん

あたりを戦闘中繰り出してるんじゃないかな~と脳内補完してます。

「てやー!」とか「あたたたたー!」って言ってそう!ってかそもそもアリーナ(arena)って闘技場って意味やしね

まさに武道家になるべくして付けられた名前なんじゃないかと思ってます

スポンサーリンク
レクタングル(中)

アリーナの特徴・ポイント

さてさて、全体的な構成カラーは、「イエロー」「オレンジ」「コバルトブルー」
色的には原作・公式イメージに忠実に再現できたかな~と思います

公式絵でもよく用いられている「ガッツポーズ」
エネルギッシュなアリーナのイメージにピッタリな気がします

ドラクエ4第二章「おてんば姫の冒険」のコンセプトは「力試しの旅に出ること」

ってことで旅人らしくマントも装着しておりますが、武闘家としての彼女の戦闘スタイルを考えると、すっげえ邪魔な気がします

帽子もでかい。んで形状も独特。武闘家としての彼女の(以下同文)

首は2×2の1ポッチブロックと円形ブロックを使って自由に動く仕組みに。首の向きくらいは遊べるようにしてます

顔の向きを逆にすると、かまえをとってるみたいでカッコイイ

「はあぁぁ・・・!(なんか気をためてる)」的な

アリーナの戦闘能力

 

 ザ☆会心の一撃魔

パーティ随一のちからとすばやさを活かして先制のパンチか蹴りをぶちかますであろう、典型的な物理アタッカー

キラーピアスを駆使して鬼神のごとく会心の一撃を繰り出してくれる頼もしいお姫様ですが、それゆえに最強のツメ「ほのおのツメ」を完っ全に空気扱いにした戦犯でもあります

ってかまじで会心出すぎクソワロタ。ライアンなんていらんかったんや・・・

クリフトの好意も華麗にスルー。頑張れクリフト

そんな今作です。ではまた