【ナノブロック】ナノミーをつくってみた

最近ナノブロック界隈で巻き起こりつつある『「ナノミー」旋風』

Twitter上で「#ナノミー」というハッシュタグのもと、凄腕ビルダーさんたちによる「ナノミー」がちょこちょこ出没しております

スポンサーリンク
レクタングル(中)

ナノミー?

ナノミーとは、Twitter上でフォローさせていただいている、達人ダラさん考案の

いわゆるナノブロック版アバター、自画像、はたまた自分の分身・・・うーんまあとにかく

nano-me

と読んで字の如く、自分自身をナノブロックで作っちゃおうぜYa-Ha-!

ってな感じの、ナノブロックビルダーによるオリジナル作品の1つです(解釈間違ってたらすみません)

ナノミー!

流行には乗りたい僕。早速つくってみました

とまあこんな感じで、グレーのカーディガンに白インナー、ジーパンという、作成時に着用していた服装を模してます

・なで肩
・癖毛
・よくやる歩きスマホ(懺悔)

という、あらためて列記してみると「クソだなオレ」と再認識させられる特徴を余すことなく作品に込めた今回のナノミー

他のビルダーさんたちのナノミーと差別化・・・ってことでスマホを持たせたポージングもつくってますが、

差別化に関しては良い案が思いつかず、苦肉の策ってのが正直なところです(゜_゜;)

それでもバックショットは少しお気に入り。髪型や鞄など、最小限のパーツで後ろ姿をうまく表現できた気がします!

さてさて、似てるか似てないかで言えば微妙なラインなんですが、同じ格好をして実物と横に並べば

「あ~・・・まあ見えなくもない」

くらいには作れたかと思います。ちなみに嫁に見せたら

「あ~・・・まあ見えなくもない」

と吐き捨てられました

感想

見ての通りナノミーは極小サイズなナノブロック作品。当然、構成ブロック数は非常に少なくなります

構成するブロックが少ないほど、1ブロックあたりの仕事量は大きく、逆に遊びブロックは少なくなるというある意味作用反作用の法則(違う)

結果ほとんどのブロックが表面に現れてくるため、使用ブロックの選定を間違えられないって点で非常にシビアだなーと感じました

あらためて小ささゆえの難しさや奥深さを感じた作品「ナノミー」でした

それにしてもまじで小さい! いざ自分で作ってみると想像以上に小さくてビビります

上記のように僕も「#ナノミー」でTwitterアップしてますが、他のビルダーさんがアップしているナノミーはやはりレベルが高い!

ポージングや表情、周辺備品なんかも皆さんそれぞれ特徴やこだわりが感じられて、見てて楽しくなります!

もっともっといろんなナノミーを見てみたいですね(^^)

そんな感じです。ではまたー