【ナノブロック】(NBC_108)ジンベエザメをつくってみた

すでに来年のGWが待ち遠しいシマです

GW中に購入した【NBC_108 ジンベエザメ】をつくってみたので紹介です

ちなみに大阪の「海遊館」限定商品とのこと。大阪へGO!

使用ブロック数:176ピース

制作時間:約40分

よく見ると海遊館のロゴにもジンベエザメが(今頃気づく)

彼ら彼女らの泳ぐ大~きな水槽は迫力ありまくりです!ちなみに写真は撮ってない!

スポンサーリンク
レクタングル(中)

ジンベエザメの特徴・ポイント

さてさてナノブロック的な特徴を

全体的な構成カラーは、体表面の「ダークブルー」と斑点模様の「ホワイト」。ホワイトは丸ブロックを使うことで模様っぽさをうまく表現されてます

体表面には「L型ブロック」が多数使われております

ぶっちゃけL型じゃなくてよくない??

ってとこがけっこう見受けられますが、そこは黙ってありがたく受け取っておきましょう。貴重なパーツなんだぜ

なお尾ビレにも使用されている模様

下の写真のように、L型で挟んだブロックを45度ずらしで斜めにセットすることで、尾ビレのかたちを忠実再現しているのがポイントですね!

尾ビレや胸ビレはそれぞれ「関節ブロック」で胴体とつながっているので、好きな角度で鑑賞できます!

口元はブロックのポッチそのものを牙として表現。こういうのうまいな~って思います

180ピース足らずの作品ですが、なかなかボリューミー!付属プレートからおもっくそはみ出す長さは圧巻です

そんな今作!

ジンベエザメの構成材料

前述のとおり「ダークブルー」と「ホワイト」の基本ブロックが大半を占めます

特殊ブロックはこんな感じ

「L型ブロック」と「関節ブロック」が複数

なかでもダークブルーの間接ブロックは割とレアっぽいです。入っているキットがかなり限られてますね。最近だとポケモンシリーズのシャワーズとかに入ってた気がします

大阪に行かれた際にはショップを除かれてみてはいかがでしょうか(なお入場料)

まとめ

一部レアなブロックがあるので買って損はないですが、いかんせん海遊館限定商品であることと、ピース数の割に少し割高なのが気になります

一応通販サイト等にも出回ったりしてますが、クッソたけぇ。定価の3倍ってバカかよ

海遊館へ遊びにいって、ついでに買うのがベストですね

作品自体のクオリティは高いほうだと思いますし、飾るとオシャレ。お土産なんかにもいいと思います!

ではまた~