【ナノブロック】(NBC_218)ホットドッグをつくってみた(食べ物)

2017年4月発売の公式キット【ホットドッグ】をつくってみたので、特徴その他、つくってみた感想を書き連ねていきまーす!

明るいオレンジ色のパッケージが特徴

カラーコーディネートにおいて「暖色系の光は食べ物を美味しそうにみせる」って鉄則がありますが、食べ物系ナノブロックがオレンジ色パッケージで統一されているのはこうした理由かもしれませんね!

店頭でもとくに目立つのでついつい手が伸びてしまいます・・・モウ、オカネナイヨ

ってことで、以下紹介です!ちなみに制作時間は20分ほど

スポンサーリンク
レクタングル(中)

ホットドッグの特徴・ポイント

完成形の写真です

同時期に発売された【ハンバーガー】と同じ食べ物シリーズ(フードシリーズ?)で、ミニサイズながらもなかなかリアルな造形が特徴です

パン、レタス、ウインナーっていう超オーソドックスな具材のホットドッグ

少ないピースながらも「あ!うまそうなホットドッグ~」って思わせるのがもう凄いよね。天才か

つくづくこういうの開発する人すげーなって思います

実物のホットドッグにも言えますが、横からみたときにウインナーが若干はみ出してるのが個人的にめっちゃ好きなポイント

食欲そそること山の如し

ケチャップとマスタードも再現

ケチャップの「赤」は、まあそれはそうとして、マスタードには「黄色」でなく「黄土色」を使ってるのがなんとも絶妙な配色です

ホットドッグの構成材料

使用されている特殊ブロックはこんな感じ

オレンジの円形ブロックがかなーり入ってます。予備含めて19個

独自のオリジナル作品を作られるビルダーさんの中には、とりあえず買っとこ~で確保された方もいらっしゃるみたい

ただ明るめの色でかつこの形状、案外使いどころは限られてきそうな気がします(ってか現在思いつかん)

ホットドッグの製造工程

せっかくなんで製造工程もお見せします

まずはふっくらもちもちパン
(ちなみにハンバーガーでは「バンズ」ですが、ホットドッグだと「パン」で良いらしい)

シャッキシャキのレタスゥ~

不規則なランダム配置がレタスのヒダヒダ感を出してますね!ケチャップ等をジグザグにはめるためのニコイチの配置も秀逸

そんでみんな大好きウインナー

重ね重ねハンバーガーの話を出して申し訳ないのですが、やはりハンバーガー同様、実際に料理をしているかのような工程でちょっとワクワクします!

あとスロープ形状ブロックの使い方も秀逸

こんな使い方もあるんですね!まさか見えなくなる箇所にこう使うとは・・・

地味にいろんなテクニックが使われていて、作りながら「ふええ~なるほど~」って感心させられました

▼関連記事

【ナノブロック】(NBC_217)ハンバーガーであそんでみた
こんばんは、シマです 公式キットから、【NBC_217 ハンバーガー】をつくってみました 発売年月:2017年4月 使用ブロック数...

たぶんお買い得

とまあいろいろお見せしましたが

通販とかだと500~600円くらいで買えちゃうのでオススメ(時期による)

そんな今作です!

ではまた~