【ナノブロック】(NBC_229)ラーメンをつくってみた

麺っていうニョロニョロしたやつまでナノブロック化されるなんてね。ナノブロックも最近可能性をすげー膨らましてきてるなーと感じます

ってことで公式キットより【ラーメン】をつくってみたので紹介です!

ちなみにパッケージにはこんな商品説明が

これらの具材から「みそラーメン」もしくは「醤油ラーメン」かと推測されます

さすがに博多由来の豚骨ラーメン(基本的に細麺ストレート)は厳しいか・・・

発売年月:2017年7月
難易度 :★★☆☆☆(2/5)

スポンサーリンク
レクタングル(中)

ラーメンの構成材料

ラーメンってより、器部分の「ホワイト」が半分くらい占めています。そんなわけで全体的になんとなく淡泊なイメージ

んで本キットに使われている特殊ブロックがこちら

注目はやはり麺部分の「ちょい傾きブロック(名称不明)」でしょう!写真の左上にある縦長のヤツ

コイツを傾斜角が交互になるように積層していくことで、完成形のようにウネウネニョロニョロしたラーメンを表現してます

本来静的なはずのブロック玩具が動的表現もうまく表現されてて感心ですね!

ラーメンの製造工程

料理を楽しむには、料理そのものの味はもちろん、器の存在が大きい(ってなんかで聞いた)

本キットもまず器を作るところから始まります

器外周の赤いラインと、おそらくスープの色を表現してるであろう「キャメル」色のブロック

クリアブロックを上から重ねることで、透明感と少し光沢のあるスープが表現されてます

んで、商品説明に記載のあった具材とラーメンを乗っければ完成ー

なんだか食品サンプルとかでよく見かける光景です。少ないパーツでラーメンの特徴を無駄なく表現してるのはさすがですね!

お箸の長さが少し短い気がしますが・・・

ちなみに制作難易度は5段階中の2ということなので、比較的簡単かと思いきや

麺の立ち上がり部分のみ鬼畜難易度

鼻歌交じりにフフフフーンって作ってたらいきなり戦闘力53万のアイツが現れる感じ

目印とかがないので2本の麺を全く同じに作るのが滅茶苦茶むずい。ほら、目印がないと印鑑もまっすぐ押せないじゃん?そんな感じ

まあそれ以外は簡単なので、トータル難易度は並ってことで

そんな今作です

ではまたー