【ナノブロック】(NBC_267)ペルシャ レビュー

今日アワードの発表がありました。受賞作品はどれもこれも素晴らしいですね

感化されて別のもの作ろうと思ったけど、積みナノボックスにまだ作ってない猫がいた・・・!

というわけで今回は「ペルシャ」を紹介しますね

ぱっと見、おっさんみたいな顔!! そんなおっさ・・・ペルシャの中身とか、作ってみた感じとか触れていきたいと思います

スポンサーリンク
レクタングル(中)

キット情報

発売日:2018年7月
難易度:★★★☆☆(3/5)

英語表記は「persian」ってことなのでそのまま。ポケモンのペルシアンがこの英語表記から派生して命名かなと思いきや

ポケモン図鑑「ペルシアン。シャムネコポケモン。するどいツメを(略」

ペルシャとシャムネコって一緒なの? オーキドお前この野郎

中身はこんな感じ。見た目どおり白一辺倒の構成で、スロープとかの特殊パーツ多めなのが嬉しいところ

つくってみた

パッケージを見て「なんだかおっさんみたいだな~」と思いましたが、控えめに言って本当おっさんみたいなヤツでした

おっさんというか・・・長老ですわ長老。ドラクエでいうグランスライムのような

とにかく貫禄がありますw

どこから見てもモッフモフ感が伝わるかと。モフモフしてるとこあり、スロープで丸みを持たせたとこあり、無駄がないですね

手足の短さも愛らしいです

謎の威圧感、そして物言わぬ圧力感。ダンジョンの奥底で勇者を待ってそうですねぇ

そして髭?の部分を説明書の手順でつけると凄く付けづらかった

動物系はお腹とか、裏側もけっこう作り込まれてるのが多いんすけど、今回は空洞が少し残念・・・まぁどっちにしろ見えない箇所やからいいっちゃいいんやけど

余りパーツです。

そんなペルシャの制作難易度は3。今回は少し難しかった印象

完成系はそこまで複雑な構造に見えませんが、顔や体の微妙にポッチがズレた箇所なんかは少し組みにくく、ほぼ白構成なのもあって説明書で現在の製作箇所を見失いがちになったり

見た目の割に細かい作業が多く、ピンセット大活躍でした

なんやかんや40分くらいかかったかなぁ。没頭しました^^

おわりに

以上、ナノブロック「キャットブリード”ペルシャ”」でした

いろんなポージングを楽しめる猫シリーズでしたが、シンプルな四つん這いポーズなのもいいですねぇ。むしろ、シンプルさがより際立って威風堂々とした出で立ちとさえ思います

なんだろうなこいつが放つオーラはw

ほぼ白一色なのでどうかな?と思いましたが、適度な難易度でなかなか楽しめる作品でした

アワード結果発表も終わったことだし、これからいろんなビルダーさんの作品やらブログアップやら楽しめるかな? 

ではまたー

スポンサーリンク
レクタングル(中)
レクタングル(中)

フォローする

関連コンテンツ