【ナノブロック】(NBH_124)サムライをつくってみた

シマです。久しぶりの投稿ということで

今回は公式キット【NBH_124 サムライ】をつくってみました

今さら感ありありですけどね!

発売年月:2016年6月

使用ブロック数:450ピース

難易度:★★★★☆

商品名【サムライ】ということですが、

日本のサムライというより中国の武将?といった気もするんやけど・・・

とのこと

その時々でサムライのスタイルもまちまちなのね!

スポンサーリンク
レクタングル(中)

サムライの特徴・ポイント

まずは完成形を

パッケージを見る限り、そんなに大きな作品という印象はなかったのですが

450ピースということもあり、作ってみるとなかなかの迫力・ボリュームです!

ウマの右足にさりげなく「階段ブロック」が使われていて、

今にも駆け出しそうな躍動感が表現されてます

たった1ピースでも印象が全然違いますね。さすが公式キット

うしろから

背面も手を抜くことなく、しっかり作り込まれて・・・

っていうか背面側のほうが小道具系の細部まで作り込まれている印象です

背中の矢筒部分

円形ブロックが贅沢に何層にも積み重なっております!贅沢にも

サムライ部分

甲冑正面部分の黄色ブロックは「方向転換ブロック」により

真横から接続されております

兜上部やサイドに丸ブロックが巧みに組み込まれており、

小さいながらもクオリティ高く表現されています

こうしたブロックの使い方は「ほええ~(訳:勉強になる)」の一言

そんな今作です

構成材料

主要材料である、ウマの「茶色」や甲冑の「赤」の他、

特殊ブロックが多数入っています

中でも赤の「方向転換ブロック」がキワモノだと思います

上か下かに積み上げるしかなかったブロックが

横方向にも組んでいくことが可能になる模様。xy方向に縦横無尽よ!

今作は赤のみですが、このブロックが各色揃うと

作品の幅がめちゃくちゃ広がりそう・・・ゴクリ

難易度

難易度は5段階中の4ということで、確かに他のミニチュアシリーズなんかと比べると

制作に時間がかかりました(今作は1時間20分くらい)

単純にブロック数が多いのもありますが

Aをつくり、Bをつくり、Cをつくり、ABCを合体させ~

みたいな工程がちょくちょくあって、けっこう集中しないと

「あれ?今どこまでいったっけ?」

って感じでさまようハメに

また今作は剣や矢筒、兜、弓などなど小道具が多く

強度もさほど強くないので、慎重さも求められます!

ピンセット等があると作りやすいかも!

関連記事:ナノブロック専用ピンセットが使い勝手抜群すぎる!

まとめ

・初心者には若干ムズい

・飾るとなかなか迫力あり

・貴重な特殊ブロックがけっこう手に入る

なので

比較的簡単なキットをいくつか作って、慣れてきた人

いろいろと特殊ブロックを集めてる人

にとっては、かなりコスパの良いキットだと思います!

値段のわりにブロック数が多いのもGOOD!

そんな感じ。ではまた~