【ナノブロック】(NBI_003)1LDKの家をつくってみた

なんだか建築士っぽい記事タイトルですんません。公式キットの「1LDKの家」を組んでみました

3年頃前に発売っていうけっこうな過去作なんですが、同封パーツや作品の仕組み等々いろいろと面白かったので紹介しときます。写真多めです!

数少ないNBIシリーズ。Iは「家」なのか「インテリア」なのか

公式発表がないのでなんとも言えませんが、まあ情景コレクション(NBHシリーズ)と差別化してるあたり、なんらかの意図があるのは確かだと思います

問題はこのシリーズ、この「003」以降全然新作が出てないんですわ。面白いキットなのに残念

発売年月:2014年10月
難易度 :★★☆☆☆(2/5)

スポンサーリンク
レクタングル(中)

「1LDKの家」構成材料

中身はこんな感じ

全体的に白い建造物なのでブロックもホワイト系がメインですね。コンパクトな作品のわりに、けっこう量が入ってるなーって印象

屋根がパカッと開いて、家の中身を覗くことができます! ってのが(たぶん)今作の売りで、その「パカッと開く」っていう何気ない動作のために大量のフラットパーツが使用されます

さてそんなフラットパーツ。このキットが発売されてから月日がだいぶ経った今でこそ、ナノゲージ系キットとかで手に入りやすくなってますが、ホワイトのフラットは今作39個入り

圧巻です

他にもグレーやライトグレーのフラットパーツも入っており、モノトーン系のフラットパーツ入手って点では最強のキットじゃないですかね

ミントブルーの角丸、ナノイドなどなど他にもレアパーツが多く、自分的にはまじでお得なキットだと思います!

「1LDKの家」新築工事

家の土台。基礎部分から上に積んでいきます

屋根を被せたら一応完成です! ここまで所要時間約1時間

壁の最上段がフラットパーツなので、屋根を乗っけても容易に外れるという仕組み

被せました! 被せるといきなり地味になるなぁ(・ω・)

裏っ側はこんな感じです。バルコニーとは正反対側ってことからたぶん北側玄関ですかね?

扉は角丸ブロックが使われてるので、開閉が可能

小さいながらもドアノブの表現はさすがですね。小さいキットほどニコイチの存在って大きく感じます

白い外壁にミントブルーの組み合わせってことから、たぶん北欧とかの建築をイメージしたんかな~と勝手に推測。北欧行ったことないけど。つーかナノイドもろ日本人っぽいけど

平面図です

玄関を入って左から台所(K)、ダイニング(D)、奥にリビング(L)って間取り

説明不要かと思いますが、写真左側がキッチン。レンジフードも備わっており、なかなか制作者のこだわりを感じます。カウンターキッチンおされですね

二人がけのダイニングテーブルもこの配置だとそれにしか見えんから面白い

テレビとテーブル、ソファ等が置かれたリビング。ソファとのスケール差から察するとかなりテレビでかいし、観葉植物もでかい。こいつら富裕層だ絶対

ナノブロックの作品にスケール差うんぬん言うのは野暮な気もしますが^^;

たぶん南側配置のバルコニー。めちゃくちゃ広そうで理想的ですね。家庭菜園? 盆栽? なにやら植物らしきものもあります

ただこっちが南側としたら開口部が少ない気も。キッチンにもう少し採光があると最高なんですが

とまあ色々こだわりが垣間見え、面白い作品だと思います!

ただこの家にはいろいろ気になるところも

まず間取り1LDKじゃなくて1DKじゃないですかね? 完全にキッチンとリビング独立してるし・・・

あと謎の外階段。上層階はご想像にお任せしますなのか、まじで階段だけがオブジェとして付設されてんのか。そもそも階段なのか

二人のナノイドの関係とか。どこで寝てんのとか

そして土台にはめ込んだフラットパーツは二度と取れないんじゃないかとか。いや、まじで取れますかね?

とまあ、ナノイドの生活をあれこれ考えてしまうキットでした

ではまたー