【ナノブロック】盆栽「松」デラックスエディション レビュー

綺麗な立ち上がりだろ・・・これナノブロックなんだぜ・・・

1,000を超える大量のブロックを使ってるだけあって、かなりハイクオリティなキットですよ

ナノブロックの盆栽って手頃なサイズで別のキットもあるんですけど、まさかデラックスでリメイクされる日がくるとはねぇ

スポンサーリンク
レクタングル(中)

外装&中身

発売日:2018年6月
難易度:★★★★★

1,180ピースってミニコレクション(平均150くらい)の約8倍じゃん。パーツ数だけで考えたら値段の割にかなりお得なキットかと

パッケージ裏には実際のモデル写真やら、キットに含まれる特殊ブロックやらが載っています
(※2019年2月現在、L型パーツについてはナノブロックファクトリーで取扱いを開始しております)

このシリーズ、相変わらず箱の情報量が多くてイイですね^^

説明書はピラ紙ではなく冊子タイプ

制作の過程が多すぎて1枚の紙じゃ収まらんやろうから当然なんだろうけど

1枚に過程を全部収めた結果、ぎゅうぎゅうで分かりにくいキットとかも中にはあるんですけどね、冊子タイプはゆとりがあってかなり見やすいです

工程ごとに「必要なパーツはこれ!」って示してくれるのも、地味に助かりますよ

パーツ多すぎて写真からはみ出しそうでした。これを今から作るんか・・・(ё_ё)

つくってみた

正直、一段目作った時点で「やっぱやめようかな・・・」とか頭よぎったりw

▼制作過程ダイジェスト

盆栽ニョキニョキ

枝が想像以上にもろくて、何度か途中ポキポキしながらも・・・

なにはともあれ完成。自身最長の3時間30分に及ぶ死闘です

箱がデカイからけっこう大きめを想像してたんですけど、案外小さいのかなって印象

写真じゃ分かりにくいかもですが、普通のグリーンとクリアなグリーン、所々円形パーツとか混ぜたりしてます

大部分が通常のブロックなんですけど、色味やパーツの違いで表現に変化球を少ーーし加えてるのがうまいよなぁ

茶色だけで単純に作るんじゃなく、ちょっと違う色混ぜたりしてるのもイイですね。木がちょっと禿げてたりとか、枝が下方にうねっていく様子とか

リアルな表現をするために、ちょこっとクリアパーツで補助してますね

パッケージ上では背景が黒ってこともあってクリアパーツが目立ってたんですけどね、離れてみると案外目立たないので良かった^^

観葉植物的な感じでテレビ横に置いたり、トイレに飾ってみたり・・・たぶん畳の部屋とか最強に合いそう

まぁどこに置いても存在感を発揮してくれそうです。や、盆栽いいわ~!

おわりに

以上、ナノブロック公式キット「盆栽 松 デラックスエディション」でした

めっさ疲れますよ。作るの。んでも疲れる価値は大ありかと

これだけのパーツを使ってこれだけのクオリティの作品を、しかも割とコンパクトめに作るのってナノブロックだからこそできるんですよねぇ

観賞用に最高な作品だと思います

▲結構長く3,000円台で販売してるっぽいすね~。相変わらず通販オススメ

ではまたー

スポンサーリンク
レクタングル(中)
レクタングル(中)

フォローする

関連コンテンツ